スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛人形作り その3

イントロその1その2からの続き)

まず人形を乗せる台をつくります。
緑のフェルトの上に、渋緑・黄緑の羊毛(もちろんカマキリの残り)を敷き詰めてニードルで全面的に刺し絡めます。それを厚紙に乗せてボンドで固定。
siage_1.jpg


男の子は、残しておいた足先のモールを厚紙に通して裏側で固定。
そのあとで固定箇所を隠すように羊毛で靴をつけます。
馬は、車輪に針金をつけて厚紙に通して固定。
siage_2.jpg


女の子は腰から固定し、フェルト化させた羊毛をウエスト回りにスカート状につけていきます。ふわっと膨らんだ綺麗な形になるように、切ったりニードルで刺したりして調整します。
siage_3.jpgsiage_4.jpg
布を腰と台に刺しつけた後、待ち針で止める等しておおまかにドレープの感じを形にしてから、余った布部分を切るようにするといいです。
siage_5.jpg
立体的に、ふわっと。


そして裏側に回転台をくっつけたら
siage_6.jpg

完成!

fin_1.jpgfin_2.jpg
ジャケットの裾は、はためく感じにしてみました。

fin_4.jpgfin_3.jpg
最後に、台にスパンコールを飾り付けます。(ボンドでくっつきます)


fin_5.jpgfin_6.jpg
ジャケットには女の子の髪飾りとおそろいの花もつけました

fin_7.jpgfin_8.jpg
ハイブリットな未来型の馬(車輪駆動)に乗った王子様がお姫様を迎えにきましたよ、的なシーンを表現しました。(ロバになっちゃいましたが)


完成品は、結婚のお祝いに、友人にプレゼントしました。
顔を友人に似せるのが、実は一番むずかしかったのでした。
fin_9.jpgfin_10.jpg
うん、超にてる!

反省点は、
●人形の表面をもっと滑らかにできたらよかった(女の子の腕が特に)
●回転台に対して人形が大きすぎた(最初はうまく回らなくて、重心を調整してなんとか回るようにしました)

人形の表面を滑らかにするにはどうしたら良いのでしょうね。
ひたすら刺して刺して刺しまくって固く均すのか、ふわっと巻き付ける感じにしたほうがいいのか…


とりあえず、羊毛人形作りはとても面白かったので、これからもヒマを見てやっていこうと思います。
次はザ・クロマニヨンズのマスコットキャラの高橋ヨシオか、FSMismの偉大なる神であらせられるスパゲッティ・モンスター様を作りたいな~と思うんですが、ヨシオくんの顔のシワが難しい気がするので、スパゲティ様にしようかな。

スポンサーサイト

羊毛で人形作り その2

(羊毛で人形作り その1 からの続き)

次は男の子を作ります。

体、髪、顔と、先述の女の子と同じ手順で進めていきます。
hasi_1.jpg
hasi_2.jpg
眉毛と髭をつけるのが難しい


次に服ですが、女の子と同じように体に羊毛をくっつけて服を作っていった所、なぜか妙に肉々しくて服っぽくないというか、「服の模様を体に描いた裸の人」みたいになってしまいました。しかも服はエレガントなフォーマルスーツです。これはかなりの変態紳士です!大変です。
どうしようか悩んで色々調べてみたら、羊毛をフェルト化して布状にしたものを、実際の服と同じように裁断して形成して着せるというやり方があることを知りました。
羊毛を、フェルト化??うん、なんだかわからないけど、これなら上手くスーツを表現できそうな予感!

そういうわけで、羊毛のフェルト化にチャレンジ。
基本的には、羊毛を細かくちぎって敷き詰めて、湯と石鹸水でゴシゴシ摩擦を加え続けると2、30分でできるようです。(検索すると色々やり方が出てくると思いますので、この辺の細かい手順は省略します。)

フェルト化前
hasi_3.jpghasi_4.jpg


フェルト化後
hasi_5.jpghasi_6.jpg

なんだかすごいヨレヨレで、厚みも均等になりませんでしたが、まあなんとか布状になりました。(厚みが均等でないと服がつくりにくく、仕上がりも変になってしまうので、フェルト化させている最中に羊毛の偏りをならすように気をつけるといいかもしれません)


つぎに人形の体のサイズを測り、それを元に服の型紙を作成。さあ、ここは得意分野ですよ。
これが洋裁士2級の実力だ!
hasi_7.jpg
びっくりするほどフリーハンド

あんなに服の製図を勉強したのはなんだったのでしょうね。
案の定、袖付けの段階で身頃と袖のサイズが全然合わなくなりましたが、最終的に適当に布を押し込むという力技で解決させました。


でも、ちゃんとカッコいいスーツになりました!
hasi_8.jpg
hasi_9.jpg

服を形成するときも、糸は使わず、ニードルでひたすらに刺して作っていきました。
hasi_10.jpg
足先のモール(黄色い部分)は切らずに残しておきます。靴は後でつけるので、今は裸足です。


次は馬。
紫色の馬にしたかったのですが、予算的にあまりたくさんの種類の羊毛を購入できない気がしたので、家にあった黄色の羊毛(先述のカマキリの残り)と、昔パーカーを染めた時の残りの染粉を使って、紫色の羊毛を作りました。
uma_1.jpg

普通の染色の時のように熱湯を使ってガンガン撹拌すると、羊毛が勝手にどんどんフェルト化してしまって台無しになるので、冷水で優しく染めるのがいいと思います。
何故こんなノウハウを知っているかと言うと、もちろん、熱湯でガンガン撹拌してフェルト化させたからです。
uma_2.jpg
ごわごわの塊になってしまったー…あ~あ

しかし羊毛が残り少ないので、この半フェルト化したものを手で無理矢理ほぐしながら使うことにします。ボコボコしてすごくやりにくい。泣。
人形と同じようにモールを芯にして羊毛を刺し固め、馬の形ができたら、これまた家にあった青と緑の羊毛で尻尾やたてがみをつけて完成。
uma_3.jpg
これはかわいいのができましたよ

しかし、「馬」で画像検索して出てきた動物園の写真を参考に作っていたのですが、実はその生き物が馬ではなくロバだったようで、ロバが出来上がってしまいました。ぎゃふん!なにこの落とし穴!
いやービックリしました。馬とロバって、綿あめと綿菓子くらいの違いかと思っていましたが、キャベツとレタスくらい違いますね。(このたとえのわかりにくさにもビックリです)
uma_4.jpg
ロバでした。


次回、この3つの人形を台に固定します。
uma_5.jpg

(羊毛で人形作り その3 へ続く)

羊毛で人形作り その1

(羊毛で人形作り イントロからの続き)

まずは女の子の人形です。
ある程度体が自立する事と、完成後に周りに合わせてポーズを変えられるようにするため、針金の様なものを芯にして作っていくことに決めました。
しかしいざ針金でやってみると、羊毛がうまく絡まずツルツルと滑って空回りしてしまうので、中に針金の入ったモールを使ってみたところ、うまくいきました。
hamadoll_4.jpg
写真上:針金  下:モール
※モールが柔らかすぎて心配な場合は、モール同士を何本か絡ませたり、モールに針金を巻き付けたりして強度を調整するといいと思います。今回は体の中心はモール2本、腕はモール+針金です。


芯となるモールに羊毛を巻き付けて、ニードルで刺して形をつくっていきます。
hamadoll_5.jpghamadoll_6.jpg
白いのが芯のモール


次に指ですが、かなり細かくて難しかったです。
本当はもう少し小さい手の予定だったのですが、自分の技術的にこれが限界のサイズだったので、後で指に合わせて本体の人形を少し大きくしました。

まず、羊毛を絡めてもしゃもしゃした固まりにしてから指を成型します。
hamadoll_7.jpg
手のひらあたりから針金を入れて芯にして、手首まで作ります。針金と羊毛は少し長めに残しておきます。指は細すぎて針金が入らないため、ニードルで刺して立体的な指のポーズにします。
hamadoll_8.jpg

この手を先ほどの本体にくっつけます。残しておいた針金を、芯モールに巻き付けて合体させ、羊毛で覆っていきます。
hamadoll_9.jpg


次に顔。丸い固まりに平面的に目鼻をつけるだけでもよかったのですが、試しにそれをやってみた所、なんだか可愛く子供っぽくなりすぎて、ファンシーすぎるというか、イメージとちょっと違いました。そこで、ちょっとリアルっぽい顔にする為、顔に凹凸をいれます。ここで耳もつけます。
hamadoll_10.jpghamadoll_11.jpg


次は髪。熱い石鹸水の中で、羊毛を捻って絡ませてヒモ状にしたものを髪に使いました。(あまりしっかりとしたヒモにはなりませんでした。なんとなく適当にやってみただけなので、もっと他に良いやり方があるのかもしれません。)
hamadoll_12.jpg


そして顔には、黒の羊毛で目、口には赤の羊毛をニードルで刺して入れます。
ほっぺも赤くてみました。
hamadoll_13.jpghamadoll_14.jpg


最後に、頭にはお花。
花びらを何枚か作って、それを集めて根元を刺して合体させ、花の形に整えてから、髪に刺し止めます。
hamadoll_15.jpghamadoll_16.jpg



次は男の子を作ります。(羊毛で人形作り その2へ続く)

羊毛で人形作り イントロ

羊毛で人形を作りました。
羊毛で作った事があるのは、
既製の手作りキットの花のコサージュ(適当にちょっと刺すだけで出来上がる)
hamadoll_1.jpg

それと、平面の布にカマキリの絵を刺繍したもの。
hamadoll_2.jpghamadoll_3.jpg
かまきりりゅうじ!

以上2点です。

…この状態から羊毛で人形作りとは何と無謀なことかと我ながら思いますが、なんとか完成しました。
先に完成品をどうぞ(動画です)↓



と、このように完成品だけのせて終わろうと思っていたのですが、しかし私自身がこの人形作りの過程で失敗し悩んだ時に、羊毛に関する色々なブログやサイトなどを検索して参考にさせてもらった経緯があり、もし今後誰かが羊毛人形作りに悩み、ネットの海をさまよった時に、このエントリが少しでも何かの参考になればという気持ちから、人形作りの手順や様子を書き残しておくことにしました。

※長いので記事は3つに分割します。(その1その2その3)
※あくまでも初心者の個人が試行錯誤した結果のものですので、ここに記されているやり方や作り方が最善とは限りません。実際の作業は個人の責任の元におこなって下さい。

「羊毛で人形作り その1」 へ続く


だれのブログ?

neoten

Author:neoten
great.neoteny☆gmail.com
(☆=@)

新しい記事
カテゴリ別
月別アーカイブ
neoten内を検索
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。