スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リングピロー後編

前回(→リングピロー前編)の続きから


ringpillow_10.jpg図面をひいて布を切りringpillow_11.jpgペイント


ringpillow_12.jpg
縫って綿を入れて板と接着して

ringpillow_13.jpg
前編で完成した枠にはめて完成。これは挙式に使えるバージョン。

ringpillow_14.jpgringpillow_15.jpg
左右から伸びる紐に、指輪が通っているように見えるデザインにしました。
中央で結ばれた紐の絵は、あわじ結びというほどけない結び方です。
※我が家にあった適当な指輪をはめてます



ringpillow_16.jpg続いて、また別の板に穴をあけてringpillow_17.jpgペイント


ringpillow_18.jpg
丸棒を接着してクリアコートをかけて完成

ringpillow_19.jpg
これも、先ほどの枠と底板にはめこめる様になっています。

ringpillow_20.jpg
指輪やその他のアクセサリーをひょいっとかけて使えます。

リングを棒にかけると円に見えるので、それに合うように背景も円のデザインにしました。
これからも素敵な縁(円)が生まれますようにという願いも込めつつ、さらに友人夫妻の指輪が点線のデザイン入りでシルバーとピンクゴールドなので、それも意識した色合いにしました。



ringpillow_21.jpg
板と時間が余ったので、もう1つオマケに絵を描いて


ringpillow_22.jpg指輪をかけると…ringpillow_23.jpg目になる!ズバーン!




というわけで、場所や気分によって三種類の使い分けができるリングピローになりました。
もはや「ピロー」ではない気もしますが…。
ringpillow_24.jpg

ちなみに、裏には立てる為の板とヒモをつけられる金具があるので、平らに寝かせて置くのはもちろん、縦や横にして立てて置いたり、壁かけにしたりもできるようになっています。
ringpillow_25.jpg

スポンサーサイト

リングピロー前編

友人から、リングピローを作ってもらえないかと依頼がありました。
希望は以下の点

●神前式の結婚式で使う(巫女さんにピローを持ってもらう)
●ハガキくらいのサイズ
●ラブリー系、ファンシー系でないもの
●フリルがついていたり、ゴテゴテした装飾のないもの
●式が終わった後も、日常生活で長く使えるもの
●指輪の付け外しが多いので、指輪置き場にしたい

まず「リングピロー」というもの自体をよく知らなかったので調べてみると、
結婚式で指輪交換の際に指輪を置いておくクッションの事でした。
その名の通り、枕型のクッションにリボンを縫い付けて、そのリボンで指輪を結んで固定するタイプが一般的なようです。

ですが、式の後に日常的に指輪置きとして使うとなると、毎朝リボンを解いて毎晩リボンを結んで…というのは大変なので、なにか別の形を考えることにしました。が、

漫画のプロポーズシーンでよく出てくる様な、フタ付きの箱形にしようかな

でもフタの開け閉めも結構わずらわしいなー
(もし自分だったらフタは開けっ放しになりそう)

一番使いやすいのは、インテリア雑貨でよくあるような
指輪をフック状の物に引っ掛けるor単純にトレイに置くだけのタイプかな

でも式で巫女さんに持ってもらうのに、あまりカジュアルな感じなのも変だ…

という感じでなかなか条件に合うような形が見い出せず。
結果、その場その場で形が変えられればいいんだ!となり、以下のようになりました。



ringpillow_01.jpg材料&道具ringpillow_02.jpg板と棒を切り出して



ringpillow_03.jpgやすってringpillow_04.jpg防水防カビの家具用塗料で下地


ringpillow_05.jpgさらに白とクリーム白の仕上げ用塗料を塗ってringpillow_06.jpg古びた感じを出すためにエイジング加工


ringpillow_07.jpg友人の家が古民家風で白い家具多めなのでringpillow_08.jpgそれに合うようなデザインにしました。


ringpillow_09.jpg
枠と底板の完成


長くなってきたので続きは次のエントリーで(→リングピロー後編へ)
だれのブログ?

neoten

Author:neoten
great.neoteny☆gmail.com
(☆=@)

新しい記事
カテゴリ別
月別アーカイブ
neoten内を検索
RSS
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。